忍者ブログ

不動産購入の流れ

 不動産に関する知識を説明いたします!

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

最新コメント

最新トラックバック

バーコード

ブログ内検索

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

取得費用

不動産物件の購入や新築で住宅を建てた際に住宅ローンを組むわけですが、住宅ローンをどこの金融機関から借り入れをするか、またどのようなタイプ・金利の住宅ローンを組むかによって総返済額は変わっていくことになります。

また諸費用に関しては大まかなの話になりますが物件購入金額の3から8パーセントぐらいかかると考えておきましょう。

また不動産会社に物件探しの依頼をして、契約まで行った場合には不動産会社に仲介手数料を支払うことになります。

不動産会社に支払う仲介手数料は物件価格の3パーセント+6万円の金額に消費税をかけた金額になります。

上記の金額以外にも中古住宅や中古マンションなどの不動産物件を購入する際にかかる金額があります。

購入した物件への引っ越し代やアパートやマンションなどの賃貸物件からの住みかえの場合は退去するまでの日割で発生する日割家賃や、物件を管理している不動産会社にもよりますが、部屋から出て行く1ヶ月前に通知しておかなければ違約金が発生する場合もあるので注意しましょう。

また賃貸物件を出ていく際に現状回復のための費用がかかる場合もあるのでその点も注意しておきたい所です。

購入した物件の傷み具合や状況によってはリフォームの費用が必要になります。。

実際リフォームを初めから考えている場合は、住宅ローンの種類や金融機関によって異なりますが含めて借り入れすることも考えましょう。

引越の費用は引っ越す物件までの距離や、引越先のマンションの階数やエレベーターの有無、運び出す家財の量と使用される車両の大きさによっても変わります。

もし引っ越しの費用を少しでも少なくしようと思うのならば土日を避けて平日で引っ越し業者に頼むようにしましょう。
PR

コメント

この記事にコメントする
Name:
Title:
Mail:
URL:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

Copyright©ヒューマン, All Right Reserved.
Powered by : Ninja Blog
Template-Design : ガスボンベ